F筋トレ_スクワット.jpg

mTOR
​の活性化

BFRベルトpink.png

ミオスタチン
の抑制

《BFRの筋肥大効果》

筋力アップやボディメイクには、「筋肥大」は必要不可欠です。

それには、ホルモンが直接筋肥大につながると思われがちですが、実は筋肥大に必要なものは、直接的にはホルモンではなく、体内の「細胞を増やしていく」シグナル伝達を担う『mTOR(エムトール)』と、「筋肉の成長を妨げる」『ミオスタチン』が筋肥大のカギとなります。

BFRトレーニングの加圧により大量に発生した乳酸が、脳から成長ホルモンを発生させ、その成長ホルモンが『mTOR(エムトール)』を活性化する事で、細胞を増やし、筋肥大に繋がります。

そして人間には「筋肉を分解する」遺伝子が存在し、それが『ミオスタチン』です。

『ミオスタチン』は筋肉から、ホルモンや酵素などの、より体に重要なタンパク質​を作る働きがある遺伝子で、この「筋分解」の働きを抑えることで、筋肥大がしやすくなります。

BFRトレーニングでは、この『ミオスタチン』を25%程度減らせることが研究で分かっています。

​つまり、BFRトレーニングでは、『mTOR』の活性化と、『ミオスタチン』の抑制により、効果的に筋肥大が起こせるのです。