top of page

ダイエット中にランチを外食で食べなくちゃいけない時、あるよね〜。じゃあ、どうする?

更新日:2023年3月27日



以下にそのためのポイントをまとめます。


1.低脂質なメニューを選ぶ

外食メニューには多くの高カロリーで脂肪分の多いものが含まれています。そこで、できるだけ低脂質なメニューを選ぶようにしましょう。例えば、グリルチキンやフィッシュ、野菜たっぷりのサラダ、スープなどが挙げられます。


2.GI値の低いメニューを選ぶ

GI値(グリセミック・インデックス)は、食品が血糖値をどの程度上昇させるかを示す指標です。高GI値の食品は、血糖値を急激に上昇させて、その後急激に下げるため、食後の空腹感を誘発しやすくなります。そのため、できるだけGI値の低いメニューを選ぶようにしましょう。例えば、野菜、豆類、玄米、全粒穀物などが低GI値の食品です。


3.前もって調べる

前もってレストランのメニューや栄養情報を調べることで、低脂質かつGI値の低いメニューを事前に選ぶことができます。また、レストランのウェブサイトやSNSをチェックして、ヘルシーなオプションを探すこともできます。


4.ソースやドレッシングに注意する

ソースやドレッシングには、高脂肪や高糖質のものが多いため、できるだけ控えめにしましょう。また、サラダにはドレッシングを添えるのではなく、サイドに置いて自分で調節する方法もあります。


以上のように、外食時にもダイエットを維持することができます。低脂質でGI値の低いメニューを選び、ソースやドレッシングにも注意することで、より効果的なダイエットが可能です。




閲覧数:52回0件のコメント

Comments


bottom of page