プロフィール画像_edited.jpg
  • Twitter のアイコン
  • Instagram のアイコン
interview_logo.png

こんにちは。

​「いきなりプロレスラーみたいな登場(画像)で、失礼いたしました。たまたま以前に出場した大会の画像で、奇跡的なカッコ良い画像が、たった一枚だけあったので、これでご勘弁を…w」

◆ululu のチーフトレーナー◆

トレーニング指導歴20年以上

ピンポイントで狙った筋肉に効かせます。

『見た目』を重視した『質の良いトレーニング』を提供致します。

《資格》

・NSPA(National Strength Professionals Association)

・SIA国際スキー技術検定 セミ・ゴールド

​・BFRトレーナーベーシック

​《経歴》

『ベストボディ・ジャパン2014東京大会』優勝

『ベストボディ・ジャパン2015東京大会』準優勝

『2017 NPCJ World legends classic フィジーク40歳以上』3位 等

interviewer-g676476476_640_edited.png
best_body_champ.jpg
interviewer-g676476476_640_edited.png

Interview with me

■ベストボディ・ジャパン東京大会優勝など多くの実績を持つトレーナー!

 

トレーナーの浅見さんは、どのような経歴をお持ちでしょうか?」


浅見:『会社員だった20代の頃から健康維持のために週に1回ほど自分のトレーニングをしていたのですが、トレーナーへの方向転換ということで言うと、30歳の頃にフィットネスジムのスタッフからスタートしました。

ゲーム会社のデザイナー部門に在籍していたのですが、元々体を動かすことが好きだったということもあり、自宅近くのフィットネスジムに転職しつつ、整体の学校にも通っていました。

その後、体の仕組みを理解しつつ運動初心者の方にトレーニング方法を指導できるようになって大手フィットネスジムに移り、途中芸能人のヒロミさんの加圧ジム"51,5"に2年ほど在籍し、フリーになり、現在ではパーソナルジムを運営するに至っています。』

浅見さんは多くの大会で実績を残されているとお聞きしましたが?」

 

浅見:『大会に関してはベスト・ボディジャパン2014の東京大会優勝というのが最も良かった成績です。

その翌年の2015年にも東京大会で準優勝させていただき、全国大会にも出場しています。

その後は2017年NPCJ World legends classic フィジークの40歳以上部門で3位に入賞しました。』

■「お客様が緊張しない空間作り」がコンセプト!

 

他のプライベートジムさんとの違いなどを教えていただけますでしょうか?」

 

浅見:"お客様が緊張しない空間"作りも常に考えています。

トレーニングジムと言うとどうしても肩に力が入ってしまうと思うので、運動に対するハードルを低くするという意味でも、お客様が安心できるような雰囲気作りも考えています。』

「ululuさんでは、キッズ同伴もOKだとか?」


浅見:『お子さん連れのママを応援したいという気持ちは大きいです。

それは私自身が障害を持った子どもの父であるということも大きいのかもしれません。

実は元々子どもにはあまり興味が無い方だったのですが、自分の子が生まれてすぐにNICU(新生児集中治療室)に運ばれ、母親の代わりに病院に通うようになってから気持ちが大きく変わっていきました。
子どもがいた病院には、沢山の子どもたちがリハビリなど頑張っていました。

自分の子どもを育てながら、街で見掛ける元気に走り回る健常児を見て「もしこの子が健常児だったらきっとあんな感じなんだろう」と目で追うようになり、どんどん子どもへの興味がより大きくなっていきました。

その上で、カラダに携わる仕事をしている自分に何ができるだろうと考えたとき、子どもにとってはお母さんが一番大切だということに改めて気づき、お母さんにとっても役に立つようなジムであったりイベントであったりをやっていきたいという思いが心の中に強くあります。』

■子連れママ歓迎!お母さんが綺麗だとお子さんが喜ぶ!

「ululuさんには現在、どのようなお客様がいらっいゃしますか?」

 

浅見:『男性も女性もいらっしゃいます。

元々運動がとてもお好きで、ululuのトレーニング終了後に「もうちょっとエクササイズしてきます」という感じのアクティブな女性であったり、あとは私がフリーの時から10年以上指導している方もいらっしゃいます。

現在は結婚され出産もされているのですが、当時「趣味でやっているポールダンスの発表会があるから、筋力アップをしたい!」と、トレーニングは全くの初心者で、スクワットも出来なかった女性でしたが、今は50kgを持ち上げるまでになりました。

先日はお子さん連れのお母様にも来て頂きました。』

 

トレーニングに関して心がけていることはありますか?」

 

浅見:『最近ではSNS等でトレーニングや指導の様子をアップしている方も多いですが、気になるのは"フォーム"ですね。
フォームはきちんと指導しないと、癖が付いて、特に"姿勢"が悪くなり、"見た目"の仕上がりは悪くなります。

ですので、"フォーム"にこだわる分、厳しく思われるかもしれませんね。

そして何より、忙しい日々の中で、わざわざお時間を作ってululuに来て下さるので、無駄なものは出来るだけ省いていきたいですね。

バリエーションの多さよりも、たとえ狭い範囲でも、お客様の目的にあったトレーニング種目のチョイスで、体づくりの近道を示したいと思っています。』

 

どのようなお客様に来てもらいたいですか?」

 

浅見:『子育て中のママさんにも是非来てもらいたいです。

BFMトレーニングなら短い時間でも効果が出やすいですし、お肌も綺麗になります。

お母さんが綺麗だとお子さんも嬉しいはずです。

授業参観で学校に行く時にもさらにキラキラ輝けると思いますよ。

あとは既に中高年層の私が、トレーニングをして健康維持できているので、男性でも女性でも同じ中高年層の方にもお越しいたければと思っています。』

​◆編集後記◆

ご自身が障害を持ったお子さんのお父様で、子どもに対する熱い思いを持っているからこそ、子育て中のママを応援したいというのがお話しの端々に感じられる浅見トレーナー。

誰が来ても緊張しないで安心しながら運動できる雰囲気づくりというのもオススメポイントです。

国立周辺でダイエットジムを探されている方は、ぜひ一度ululuで体験トレーニングを受けてみてください!

reporter_ハンドマイク_edited.png
son_and_meのコピー.jpg
指導デッドリフトフォーム.jpg
interviewer-g676476476_640_edited.png
interviewer-g676476476_640_edited.png
reporter_ハンドマイク02.png
515_yamamotoKID.jpg
KAATSU STUDIO 51,5 時代
(山本KIDさんと。)
interviewer-g676476476_640.png
with_Kamoda.jpg
interviewer-g676476476_640.png
ママトレトップ画.jpg
interviewer-g676476476_640.png
hanging_woman.jpg